2009年05月23日

茫洋とは?

茫洋(ぼうよう)

広々として限りのないさま。
広々として目当てのつかないさま。
広くて見当のつかないさま。

「茫洋としてつかみどころがない人物」
「茫洋たる大海」
「茫洋たる海原」
「茫洋とした人物」




面白いのは端麗な大久保の容姿に比べて、日本人の多くがなんとなく憧れ受け入れていた、あの上野にある相撲取りに似た、あれがどれほどの正確さで西郷の姿を捉えてのものかは知らぬが、あの銅像が表象している茫洋(ルビ:ぼうよう)とした容姿を大隈はただ「不細工」と切り捨てていることだ。
【引用:私の好きな日本人 石原慎太郎著】




posted by ディビッド at 14:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。